KUROISO 2016

r_dsc09803

栃木県黒磯といったら言わずと知れたSHOZO CAFEに連なるインテリアショップやパン屋などの素敵ショップ群。2015年1月号のポパイを読み返してみたらこの時行った所がまんまそのまま載っていてテンション下がってしまい封印していたけど、まぁ誰も何も気にしないよなぁ..ということでまとめておきます。そして、あの雑誌でもあったようにtamiser kuroisoはこの日も休みでした。

 

r_dsc09808

r_dsc09810

04 STOREはセレクトよいし、なにしろ店員さんが優しくって素敵だった。存分にトリッペンの革靴を試着させていただく。

 

r_dsc09821

窓という窓が完璧だったのです。

 

r_dsc09827

こっちサイドもね。

《04 STORE   栃木県那須塩原市高砂町6-7》

 

r_dsc09832

SHOZO CAFE系列のROOMSはカフェから目と鼻の先にあるので駐車場に止めたままさくっといけます。品揃えよくってこりゃあ、長居できますよ。

《ROOMS  栃木県那須塩原市高砂町1-9》

 

r_dsc09835

r_dsc09838

でもタミゼは休みでした。日曜と月曜の13時〜18時、週2営業とのこと。すごく悔しいので後日恵比寿にある東京店にも行ってみた。そちらもすごくよかったんで、こちらへの期待値はますますあがってしまっています。

《tamiser kuroiso  栃木県那須塩原市本町3-13》

 

r_dsc09816

たまに出現する廃墟的なスポットにたまらなく興奮する私たち。寂れたゲームセンターの奥にはさらに退廃的な卓球場が広がっていた。もちろん休日だけど誰もおらず。

 

r_dsc09858

r_dsc09856

r_dsc09848

次に向かったのは吉田商店。もともとROOMSで働かれていた方が開いたお店。もっと古道具屋さんのノリが強くてこちらの方が発掘しがいがある感じでした。2階の雰囲気が最高ですね。きゃあきゃあいいながら堪能しました。ここも入り口が最高なので。

《(萬)吉田商店  栃木県那須塩原市3-5》

 

r_dsc09879

r_dsc09875

r_dsc09873

KANELBREADもいいけれど、この日は営業してなかったので、近くにあったRAKUDAへ。サインも、店構えも、ディスプレイも、(もちろん)パンも最高でした。

《rakuda  栃木県那須塩原市2-11》

 

r_dsc09888

SHOZO CAFEの店員さんに聞いた、おしゃれじゃないのがオシャレなホットスポットとして教えてもらった餃子屋さん。栃木だし餃子だよね、という簡単な精神で臨んだのがまずかったのか、まず看板が衝撃的だったのと、おばちゃんの接客が独特でツボなのが素敵な感じでした。ここで言われた衝撃の「ここはファミレスじゃあないんだからね!」に背筋がピンとさせられたり(水餃子をシェアしようとした。そういうことじゃないんですね)。

餃子は染み入る美味しさ。一回事情により辞められたそうだけど、常連さんの声におされて復活したとのこと。

《ぎょうざの店たから  栃木県那須塩原市共墾社79-5》

 

r_dsc09897

最後に本当に混沌としたリサイクル屋さんで疲れてボーっとしてたら日が暮れてきたのでそうそうと退散しました。遠いのか近いのか、って言ったらまずまず遠くて日帰り旅行感あってオススメな黒磯。これは人気があるわけです。今度は日曜にこなくちゃね。(餃子屋は休みだが..)

もちろんちゃんとお茶したいならCHUSにいけばよいし(そこで2時間は居られる)、そもそもSHOZO CAFEに行くだけでもその価値があるのでこりゃあまた来る機会があるな、と思いつつ一度目の黒磯体験が終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA